*

ニキビ

大人ニキビと思春期ニキビの違いは・・・

20歳を過ぎて成人してからできる大人ニキビと10歳代後半にできる思春期ニキビの違いはさまざまなところにありますが、とても気になるところは、その発生部位ではないでしょうか。

大人ニキビがこめかみから頬、顎や首筋などのフェイスラインに沿ってできるのに対して、思春期ニキビは額から鼻にかけてできることが圧倒的に多いようです。

その理由は、この二つのニキビの発生原因が異なるからです。

大人ニキビは、睡眠不足や栄養バランスが偏った食事、ストレスなどからホルモンの体内バランスが乱れることが原因でできるのに対し、思春期ニキビは、思春期における男性ホルモンによる過剰な皮脂分泌が原因で発生します。

そのため、皮脂腺の多い額や鼻に思春期ニキビはできやすいのです。

大人ニキビも、毛穴が皮脂や古い角質などによって塞がれて、そこに皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖して炎症することがニキビ発症の始まりで、思春期ニキビと一緒なのですが、その皮脂はただ単に過剰に分泌されているというわけではありません。

皮脂に加えて、メイクやその洗い残しなどが一緒に毛穴を詰まらせたり、乱れた生活習慣やストレスなどが要因となってホルモンバランスが崩れ、その影響でターンオーバーが乱れて剥がれ落ちるべき角質が剥がれなくなった結果、皮脂と一緒に毛穴に詰まっていることが多いのです。

思春期ニキビは、成人する頃になれば男性ホルモンも安定して過剰な皮脂分泌も治まるので自然と治りますが、大人ニキビは、皮脂分泌を抑えるだけでは改善させることができません。

大人ニキビの改善対策としては、肌を清潔に保つ洗顔、その後の保湿などのスキンケアも大切ですが、まずは、毎日、最低でも6時間の睡眠を確保して栄養バランスの良い食事を摂るなど、規則正しい生活を送ることが必要です。

http://mofukani.com/

また、大人ニキビは治ったと思っても、また同じ場所に繰り返してできて治りにくくて、とても厄介という特徴があります。

できたニキビは、もうどうしようもないので、洗顔の時にゴシゴシと強く擦ってニキビを傷つけたりしないように注意して下さい。

ニキビを傷つけてしまうと、そこから炎症を起こして、なかなか消えないニキビ痕として残ってしまう恐れがあります。